専門家に依頼をする

家の近くにハチの巣があると今後の生活にも影響が出てしまうため、早めに専門業者へハチの巣駆除を依頼することで悩み解決ができます。疑問点があれば依頼前に相談をすることもできます。

詳細を確認する

被害の拡大

ハチによる被害は刺されるだけではなく、農作物にまで被害が及んでしまう場合があります。ハチの巣を駆除するときには素人ではなく、専門業者へ依頼してもらえば安全性を確保できます。

詳細を確認する

不安を解消する為に

ハチの巣が生活域にできてしまうと、いつか刺されるのではないかと不安になる人も多いです。ハチの巣を駆除するときには技術や知識のある専門家に依頼するのが早いといえます。

詳細を確認する

害獣を追い払う

アライグマの撃退方法

アニメが大人気となり、ペットとして輸入されたアライグマ。もともとはアメリカなどで水辺近くの森林で暮らしていました。近年ではペットとして飼われていたアライグマが捨てられ、野生化し、農作物を荒らしたり、家屋に浸入するなどする被害が相次いで報告されています。可愛い顔をしていますが、実はアライグマは非常に臆病な性格のため、人になつきにくく、時には噛みつくこともあったため、ペットとして飼えないと判断した人が捨ててしまったことが現在の被害のもとになっています。大きいものとなると20キロを超えることもあり、またフェンスなども軽々と乗り越えてしまうので、侵入経路をふさぐのはなかなか大変です。イタチと同じく、駆除の難しい動物となっています。

追い出すか捕獲するか

アライグマを駆除する際に、捕獲するならば、イタチと同じように自治体の許可が必要です。その際、証拠になる写真などの提出も必要となります。駆除されたアライグマは可愛そうですが殺処分となります。捕獲しない場合は、追い出して、侵入経路をふさぐという方法がとられます。この場合は、大きな音を出して驚かしたり、煙でいぶしたりする方法が使われます。しかし出てきたアライグマを追い立てる、という行動はあまり現実的ではなく、実際には捕獲用の檻などで捕獲され、駆除されるケースが多いようです。一度棲みついてしまうとなかなか追い出すのは大変なので、アライグマが出没する地域では、日ごろから家へ侵入されないようにアライグマの嫌がるにおいを家の周りに撒いておくなど予防も必要です。